近江鉄道


〇解説

 滋賀県南東部で鉄道事業、バス事業と関連事業を展開する私鉄で、1896(明治29)年設立。1898(明治31)年6月に彦根〜愛知川間が開業し、その後も路線を延長。現在は、本線、多賀線、八日市線の3路線が存在している。地元での愛称は、「ガチャコン電車」。
 1943年からは西武鉄道系列になったことから、現在の車両は西武鉄道からの改造車が中心。さらに、ライオンズカラーに塗られた車両も存在している。なお、自社の彦根工場は地方私鉄としては珍しく、車両の大規模な改造も多数手がけている。

■保有車両

▲100形 ▲220形 ▲500系
▲700系 ▲800系 ▲820系
▲900形 ▲LE10形 ▲ED14形
▲ED31形 ▲ED4000形(4001) ▲ロコ1001形

↑ PAGE TOP