伊豆箱根鉄道



●解説

 伊豆箱根鉄道は静岡県の三島から修善寺を結ぶ駿豆線と、神奈川県の小田原から大雄山まで結ぶ大雄山線を営業する鉄道会社である。
 元々駿豆線は1898(明治31)年に豆相鉄道が、大雄山線は1922(大正11)年に設立された大雄山鉄道が開業した路線であり、1941(昭和16)年に駿豆鉄道(当時、駿豆線を運行していた会社)に大雄山鉄道が吸収合併され現在の形が出来上がった。
 なお、駿豆鉄道は1957(昭和32)年に現在の会社名である伊豆箱根鉄道に改称した。  鉄道2路線の他にも箱根十国峠ケーブルカーや箱根駒ケ岳ロープウェーなども営業しており、社名の通り伊豆・箱根エリアで事業を展開している。

 

●車両一覧(軌道線)


▲1100系
▲1300系

▲3000系
▲5000系
 
▲7000系  

↑ PAGE TOP